セキュリティ設定アドバイス: パスワードの繰り返し使用回数制限の設定

Linux運用
この記事は約1分で読めます。

パスワードの繰り返し使用回数制限を設定することは、セキュリティを強化するために重要です。同じパスワードを繰り返し使用されることを防ぐため、制限を設けることが推奨されます。

手順:
1. 設定ファイルのバックアップを作成します。

sudo cp -p /etc/pam.d/system-auth /etc/pam.d/system-auth.bak

2. ファイル【/etc/pam.d/system-auth】を開きます。

sudo vim /etc/pam.d/system-auth

3. ファイル内で、password sufficient の後に remember=5 を追加または変更します。

password sufficient pam_unix.so remember=5

4. 変更を保存して閉じます。Vimの場合は、以下のステップを実行します。
Escキーを押してコマンドモードに移動します。
:wq と入力してEnterキーを押して保存して終了します。

利点:
– パスワードの繰り返し使用回数制限を設定することで、セキュリティを向上させ、同じパスワードの乱用を防ぎます。

Linux運用テクノロジー
ブロガー
イクヤ

32歳システムエンジニアです。
美大⇒留学⇒経済学⇒未経験からITエンジニアになって6年目です。
日本の漫画と推理小説が愛読です。
中国語のネーティブです。語学勉強熱心で、日本語、英語、中国語を話せます。正しい文書ではなければご指摘をお願い致します。
メインは技術、語学勉強、案件の話題で発信します、よろしくお願いいたします。 気軽にコメントをいただければ嬉しいです。

イクヤをフォローする
ぞくぞく屋

コメント