私が日本の小説を読んで日本語を学ぶ方法について一言

多読
この記事は約6分で読めます。

はじめに

イクヤ
イクヤ

前書きとして、自分の読書と語学学習の経過を記録するために、今後日本語の小説を読むたびに簡単な記録を作成することにしました。

まず、なぜ日本語の小説を読む必要があるのかについて説明します:

言語を学ぶ方法はさまざまありますが、どの方法を選択するにしても、最も重要なのは自分が続けることができる方法を選ぶことだと思います。ゲームをしたり、バラエティ番組を見たり、テレビドラマや映画を見たり、本を読むなど、どの方法でも構いません。

個人的には、言語を学ぶためには、その言葉の本を読むことが最も適切な方法だと考えています。

なぜなら、映画やドラマを見る場合、最初に目が字幕に集中することが多く、実際に知らない単語が現れた場合、辞書を引くことが難しいからです。ゲームをする場合、テキストアドベンチャーゲームや多くの対話を含むRPGを除いては、単語を調べるのはプレイのペースに大きな影響を与え、一般的に続けるのが難しいです。

イクヤ
イクヤ

ちなみに、僕が「逆転裁判シリーズ」が大好きです

 

『ゲームをしながら、日本語を学ぶ』シリーズを見て、皆さんも日本語を学ぶためにゲームを楽しんでいただけると嬉しいです。したがって、日本語書籍を読むことはペースに影響を与えず、いつでも一時停止してノートを取ることができる、効率的で楽しい方法だと思います。

しかも他の方法に比べて、より自然な文脈とより豊かな表現が含まれているからです。映画やドラマなどを見ることも大切ですが、字幕や吹き替えによって一部分が省かれたり、変わったりしてしまうことがあります。また、言語を学ぶためのアプリや教材も役立ちますが、それらは独立した文法や単語を学ぶのに適していますが、実際のコミュニケーションに近づくためには、本物の文章を読むことが重要です。

日本語の原著を読む方法(他の言語も同様です)

先に述べたように、読書中の単語検索はペースに影響を与えませんが、実際には単語を多く調べるとペースに影響することもあります。新しい単語が多すぎると、読書の意欲を大きく削ぐことになります。そこで、私の読書方法についてお話しします。

初めてオリジナルの本を読む時、おそらく知らない単語をすべて調べて、覚えようとする気持ちがあるかと思います。最初はやる気に満ちていますが、数語調べた後、本の内容が理解できていないことに気付き、数ページ読んだ後はもう読み続ける気力がなくなってしまいます。だからこそ、知らない単語に出会ったときに調べて、覚えるという心理を克服することが重要です。

そうした、ペースに影響を与える知らない単語の問題をどう解決するかというと、私は電子書籍を使うことにしました。私はKindleという電子書籍リーダーを選択しました。Kindleは外国語を学ぶのに最適なツールで、これ以上のものはありません。私の手元には多くの紙の本もありますが、紙の本は代替できないと常々感じています。その手触り、鮮明さ、香りは、電子ペーパーの本では提供できません。しかし、携帯性と学習の利便性のために、痛みを伴う別れを選ばざるを得ませんでした。

まず、Kindleの辞書機能を活用します。

多くの素晴らしい辞書が揃っているので、自分に合ったものがきっと見つかるでしょう。Kindleの辞書機能と単語帳機能は、単語検索の効率を大幅に向上させ、読書のペースに与える影響を減らします。

次に、外国語書籍を読みながら、ストーリーを楽しむと同時に外国語のレベルを向上させる方法について説明します。今はKindleがありますので、知らない単語に出会った場合、長押しするだけで意味が表示されるようになりました。Kindleの設定により、調べた単語はすべて単語帳に記録されます。もしあなたが私と同じように、すでに多くの単語を習得していない、よく調べる必要がある程度の単語を持っている場合、一冊の本を読むだけで何百もの単語を調べることになるでしょう。では、これら何百もの単語に対処する方法はどうすればよいのでしょうか?

読み終わった以後、単語帳を持って単語を覚える日々に戻るのでしょうか?以下では、私が個人的に単語を覚える方法について説明します。なお、この方法は短期間で試験を突破し、試験を受ける日が迫っている学生には適用されません。

単語を覚える方法:単語を覚えないこと

外国語の学習の積極性を高めるためには、知らない単語にとらわれることなく前進することが重要だと思います。では、語彙量を増やし、読書中に外国語のレベルを向上させるにはどうすればよいでしょうか?重要なキーワードは「単語の出現頻度」です。

例えば日本語の場合、おはよう、こんにちは、こんばんは、ありがとうなどの単語はどうして覚えることができるのでしょうか?それは、これらの単語が無数の回数使われ、見られ、話されているからです。単語が非常に頻繁に出現すると、自然にそれを覚えることができます。

単語の出現頻度を利用して単語を覚える方法について説明します。

伝統的な単語の覚え方は、基本的に1つのシーンで反復して覚えることです。(もちろん、理解を助ける例文が添えられていることがあります)しかし、外国語の読書の過程で、異なるシーンやストーリーで同じ単語に何度も出会うことができると、記憶が強化されるでしょう。また、単語を調べた後、すぐに覚える必要はありません。すぐに忘れてしまっても、後で戻って再び確認する必要はありませんし、罪悪感を感じる必要もありません。

その理由は次の通りです:

1.重要な単語は必ず何度も現れます。
2.一度調べただけで再び現れない単語は、2つの可能性があります:
(1)重要でない
(2)その時に強制的に覚えたもので、忘れてしまう可能性が高い

というわけで、知らない単語に何度も出会うことで、読書の進行に自然に覚えることができ、単語を覚えることの退屈さを減らすことができると思います。

最初は難しいかもしれませんが、最初のうちは辞書を頻繁に引くことになるかもしれません。しかし、時間が経つにつれて徐々に読解力が向上し、辞書を引かずに理解できるようになります。

イクヤ
イクヤ

私が外国語の本を読む際のポイントは次の通りです。

1. ストーリーが面白い本を選ぶ:興味を持って読むことが大切です。興味を持っていると自然に集中力が高まり、学ぶ意欲も高まります。
2. 辞書を使う:最初のうちは辞書を頻繁に引くかもしれませんが、新しい単語を覚えるために必要なことです。徐々に必要な頻度が減ってくると思います。
3. 文脈から推測する:理解できない単語や表現があっても、文脈から意味を推測することを試みましょう。ストーリーの流れや登場人物の行動から推測することができることもあります。
4. ノートを取る:重要な単語や表現をノートにメモしておくと、後で復習する際に役立ちます。
5. 楽しむこと:学習は楽しくなければ続かないものです。読書を楽しんで、学ぶプロセスを楽しんでください。

以上が私が日本語書籍を読んで外国語を学ぶ際に意識している点です。外国語を学ぶためにも、興味を持って本物の文章に触れてみることをおすすめします。今後の読書記録では、この方法の信頼性を示すために実証や本を読んだ感想をシェアしたいと思います。

多読
多読とは、やさしい絵本から辞書を使わずに楽しくたくさん読んで外国語を身につけていく方法です。
多読語学
ブロガー
イクヤ

32歳システムエンジニアです。
美大⇒留学⇒経済学⇒未経験からITエンジニアになって6年目です。
日本の漫画と推理小説が愛読です。
中国語のネーティブです。語学勉強熱心で、日本語、英語、中国語を話せます。正しい文書ではなければご指摘をお願い致します。
メインは技術、語学勉強、案件の話題で発信します、よろしくお願いいたします。 気軽にコメントをいただければ嬉しいです。

イクヤをフォローする
ぞくぞく屋

コメント